TryIT! - とりあえず、おもいついたらやってみる!

牛乳からバターを作ってみた!

バターってなんで高い?そもそもバターって何?

最近、バターの価格がめっきり上がってきて

お菓子とか作るタケダにとって結構痛い今日この頃です

しかし、なんでこうもバターっちゅうもんは高いんでしょうね?

というわけで、バターが牛乳から作れないか調べてみました

そうすると意外な事実が

・バターは生クリームから作る

・生クリームは牛乳から作る

・生クリームは牛から搾乳した牛乳を放置すると分離する上澄み

どうやら、加工乳とか低脂肪乳とかは、牛乳から生クリームを分離した残りみたいですね

では、生乳に近い成分無調整乳を使えばバターが出来る!

と思いがちですが、実はそうではないようです

先もあったように牛から搾乳した牛乳を放置すると分離するため、そのままだと混ぜないと飲めない牛乳が出来上がります

これを避けるために、通常の成分無調整乳は「ホモジナイズ」といって生乳の脂肪を細かくし均一に混ざるようにしているようです

やっぱり手作りは無理か?

じゃ、やっぱり売られている牛乳じゃだめじゃん!

と諦めていたんですが、なんと福岡市では「ホモジナイズ」していない「ノンホモ」牛乳が売られていました

こいつ!です!さすが糸島!

低温殺菌ノンホモ牛乳「伊都物語」

http://www.itomonogatari.com/

そこで、これを使って手作りバター作りに挑戦してみました

手作りバターを作る手順

 これが伊都物語

800mlのガラス瓶を準備しました

 生クリーム分は軽いので上の方にたまります

そこで、わざと放置して上の方から

300ml取り出して、塩を10g投入

手で振ります

塩の分量は適当に入れてみました

 

 3分間もふりふりしていたら雪みたいに

フワフワした塊が浮いて来ました

どうやらこれがバターみたいです

できたときはおおーっと、

つい声を出してしまいました

意外と簡単にできるもんです

 これを取り出して、水気を切って残った牛乳を捨てて、

残りの300mlをそれが終わったら、

再度残りのというぐらいに計3回やりました

そうそう、ふるときは温度が低いとできにくいようです

三回の合計で18gのバターがとれました

ただ、1回目は10g,2回目は6g、

3回目は2gという具合に

予想通り、かなり上の方にバター分が固まっていたようです

 これが最終的にできたバターです

出来立ては雪のうように軽くてクリーミー

しかも真っ白、かなり牛乳の香りが強いバター

でしたが、冷えて固まると多少

通常のバターに近づきました

 

まとめ

以外に簡単にバターが作れましたね

しかも、食感が非常に軽く、舌にのせるとなくなってしまう感じが癖になりそうです

ただ、伊都物語が約300円ぐらいしますので、これで20gしか取れないとなると市販のバターの10倍近くするちょーもったいないバターになりますね(笑

ですが、実は上澄みの生クリーム部分だけ取り出して使うと、都合100円ぐらいで10gぐらい取れますので、まあ話の種ぐらいに作るのも面白いかな?と思います

今度、レバパテ作るときに使ってみよう!

では(^^)ノシ

 

 






 

 

 

 

« SAKURA VPS 1Gを最小限の手間…とどろき酒店の「マルシェとどろき」に行っ… »
2012/05/02