TryIT! - とりあえず、おもいついたらやってみる!

OneThird CMSにSQliteのデータ出力モードを追加、データのローカル移動が恐ろしく簡単に!もうWordpressを使うのが馬鹿らしくなるレベル

 

OneThirdのデータバックアップ形式を大幅変更してみました

OneThird CMSの標準バックアップ形式をphpのシリアライズデータのテキストファイルから、SQlite形式に変更しました

従来のテキストデータ形式も受け付けます

これはたいしたことないうような気がするかもしれませんが、無茶苦茶便利になりました

何が便利って、ローカルPCでサイトを修正するのが無茶苦茶簡単なんですよ

 

具体的に言うと、例えば今動いている、このホームページのページデザインを変更したい

というとき、ローカルで動いているSQLiteデータベースのOneThirdの環境にエクスポートしたバックアップデータをコピーするだけで、ローカルと本番環境がまたく同じ状態で動くんですよ!

 

まあ、もともと本番環境もSQLiteで動かすとonethird.dbをコピーするだけで同期できていたんです。

ところがMySQLの場合はテキストのバックアップデータをコピーし、またインポートするのがちょっと面倒だったんですが、これが更に簡単になったわけです

あ、画像はどうするんだ?というかたもOnethirdでは files/img以下のフォルダに集約するように設計されているので、そこの新しいファイルだけコピーすればOK

簡単でしょ?

 

Wordpressならとても面倒

Wordpressの場合、ローカル環境にデータを移すと、HP無いのリンクがぐちゃぐちゃになるんでエクスポートテータのSQLを直接さわらないといけない、修正ミスが怖いし、万一ということがあるし

そもそも、データをphpmyadminとかでデータ引っこ抜くのが面倒、dumpしないとダメな場合はなおさら

OneThirdはその点、データをどう動かしてもOKなので楽ちん楽ちん

また、運用途中にMySQLからSQLite、SQLiteからMySQLとデータベースをコロコロ変更することも簡単です。

 

おすすめはSQLiteでサイトを作ること、いつでもMySQLに簡単に移行出来ます

はじめのサイト立ち上げのときはSQLiteで運営していて落ち着いたら、MySQLに移行するという方法が一番おすすめです!

SQLiteで運用していたサイトをMySQLに変更するにはデータをバックアップしてconfig.phpを弄り、再度リストアすればOK!

 

config.phoの変更点は

define ( "DATABASE_TYPE", "sqlite" ); // SqLite

define ( "DATABASE_DIR", '*******'); //

define ( "DATABASE_UESR", "*****" ); // ユーザー名
define ( "DATABASE_PASS", "*****" ); // パスワード
define ( "DATABASE_HOST", "localhost" ); // ADMIN HOST

に書き換えて

define ( "DBName", "****" ); //

の****データベースをMySQL側に作るだけ!

 

いや、もうWordpressにはもどれませんわ

 

 

« 腕立て伏せ2万回やってみた!その2Facebookで「February 2… »
2013/02/01